ののいちしもぼくたちも満1歳です

広報ののいち11月号は、野々市市が誕生した昨年11月11日(金)に生まれた2人の男児が表紙を飾っています。

 

 最初、陽汰(はるた)くん(写真右)が市制施行日に生まれたことを知った広報担当者は、1周年記念の広報表紙への出演を依頼。
 そうしたところ、野々市市の同じ病院で生まれた匠人(たくひと)くん(写真左)を紹介され、2人の共演となりました。

 誕生パーティの雰囲気を出すため部屋を暗くしましたが、2人とも怖がることもなく、元気にしっかりとカメラにポーズをとってくれました。

  

 出演のお礼としてカメリア・パルの会からは、2人にそれぞれの名前を刻んだ「のっティ・ストラップ」をプレゼント。お母さんたちからは、”うれしい、かわいい”との感想を戴きましたが、当の2人は「これな~に!?」的な反応。

  

 今の2人には、ストラップの意味が分からないかもしれませんが、市章と「2011.11.11 Nonoichi City」の文字に並んだ自分の名前から、いつまでもふるさと「野々市市」への特別な絆を感じることでしょう。