幻(まぼろし)のミニコミ紙「第7号」のご紹介

 11月3日(土)・4日(日)の2日間に渡って、のっティを利用して町内を探訪する「のっティde町内探訪クイズラリー」が開催され、町内外から64名が参加しました。
 イベントの模様については、「ののいちタウン情報局」に掲載していますのでこちらをご覧ください。

 ここでは、イベント参加者に限定して発行した幻のミニコミ紙「のっティ新聞 第7号」のご紹介をします。

(クリックで拡大)
 表・裏表紙

(クリックで拡大)
 中面記事

 『”のっティ”を愛するすべての人が「のっティ応援団」!!』という気持ちと感謝を込めて、参加グループごとに”記念紙”として発行しました。
 この”記念紙”を希望するグループは、情報交流館カメリア内で写真撮影した後、役場前からのっティに乗ってクイズラリーに出発。約2時間の町内探訪を終え、カメリアに戻ってくると印刷が出来上がっているというものです。

 また、この号を最後にカメリア・パルの会発行のミニコミ紙「のっティ新聞」は、C5計画実行委員会が発行するフリーペーパー版「のっティ新聞 拡大版」に名称と主旨が引き継がれました。そして、発行部数も、これまではのっティの車内や公民館、児童館、郵便局などに少量配置(500~1000部)していましたが、野々市町内の全戸へ配布され約19,500部(施設などの配置を含めると22,000部)の発行となりました。

 では、なぜ「幻(まぼろし)」なのか?上に書きましたように「のっティ新聞」は、拡大版創刊号として「第7号」から発刊されます。
 そして、このミニコミ紙第7号は「のっティde町内探訪クイズラリー」に参加した方だけに特別に編集した限定版のため、一般の方は手に取ることがありません。それゆえ「まぼろし」となったのです。

 ミニコミ紙「のっティ新聞」幻の第7号 PDF版は、こちらからご覧ください。(1.2Mbyte)