Archive for 2007

ぬり絵deのっティ 第6号 「焼き芋を待つのっティ」

月曜日, 12月 10th, 2007

 

カメリア・パルとしては最後の発行となった「のっティ新聞第6号」で募集しておりました「焼き芋を待つ ぬりえdeのっティ」。

 36枚集まりました。ご応募ありがとうございます。

 応募作品は、こちらからご覧ください。

のっティカレンダー2008はいかが

月曜日, 12月 10th, 2007

12月9日(日)情報交流館カメリアにおいて、「のっティカレンダー2008作成講座」が開催され、11名の方が受講しました。
 この講座は、ボランティアグループ「カメリア・パルの会」のっティpjtが企画したもので、パソコン講座の一環としてワープロソフト「MSワード」の操作技能を向上させることを目的としています。

 

 ワード操作の講師は、pjtメンバーの服部崇哉さん(金沢工大4年生)が担当し、のっティキャラクターのデザインは今井ゆきさん(同大4年生)、のっティの写真はのっティ応援隊隊長の岡田博久さんが提供しました。

 

 初心者用のワード講習会と異なり、カレンダーを作成することに限定したメニューの選択や、罫線の書式設定、画像の挿入などちょっと高度な内容でしたが、ゆっくりとわかり易く説明していました。
 そのため、2時間の講座予定は1時間も超過してしまいましたが、みなさん楽しそうにカレンダー作りを楽しいんでいました。

 

5万人市制を応援する情報紙「のっティ新聞」

土曜日, 12月 1st, 2007

 野々市町の5万人単独市制を応援する情報紙「のっティ新聞」が、下記のとおり野々市町の全戸を対象に拡大版創刊号(第7号)として発行されました。

 のっティ新聞表紙

 ■名称     ~5万人市制を応援する情報紙~「のっティ新聞」第7号
 ■発行日   平成19年12月1日
 ■発行部数  A3版8ページ  22,000部
 ■配布先   野々市町内全戸 約19,500部
          役場内、公共施設など  約500部
          関連企業、その他  約2,000部
 ■発行人   C5計画実行委員会

 ■構成内容  拡大版創刊号の特集は「水」
  ・野々市と水をテーマに、白山から手取川扇状地、七ケ用水など自然の恵みと歴史に彩られた野々市の川と水を紹介
 
  ・野々市の魅力を写真で応募する「野々市なんでも百景コンテスト」優秀作の紹介

  ・コミュニティバス「のっティ」を使った町内探訪イベント「のっティde町内探訪クイズラリー」の報告
 
  など

  
 ■経緯

 平成18年3月に創刊したミニコミ紙「のっティ新聞」は、地域ポータルサイト「ののいちタウン情報局」の周知とコミュニティバス「のっティ」の利用促進を目的として、カメリア・パルの会が第6号まで発行してきました。

 これまでの「のっティ新聞」は、のっティの車内や公民館、児童館、郵便局などに500部から1000部を配置して、地域住民に情報提供してきましたが、C5計画実行委員会の発足に伴い、同会が発行するフリーペーパーに「のっティ新聞」の名称と主旨を引き継ぎ、第7号拡大版創刊号として発行します。

 ■ページ別拡大表示

 1ページ
 2ページ
 3ページ
 4ページ

 5ページ
 6ページ
 7ページ
 8ページ

PDF版は、以下をご覧ください。
 1~4ページ(5.4Mbyte)
 5~8ページ(5.9Mbyte)

イベントのプレゼントについて

土曜日, 12月 1st, 2007

 10月1日(月)から11月4日(日)まで募集していました「野々市なんでも百景コンテスト」は、応募総数が126点(応募者数34名)もの多数が集まりました。作品審査の結果、16点を「野々市の魅力で賞」として表彰しました。
 それぞれの作品についてはこちらをご覧ください。

 野々市の魅力で賞の方には、旅行用アイロンと各作品と賞状をセットにしたフォトスタンドをプレゼント、応募者全員の方には、参加賞としてエコバッグ・セットを差し上げました。

 旅行用アイロン ・ フォトスタンド
 野々市の魅力で賞

 エコバッグ・セット
 エコバッグ・セット

 また、11月3日(土)・4日(日)に開催された「のっティde町内探訪クイズラリー」の参加者の中から、抽選で50名の方にそれぞれの賞品を差し上げました。
 ・ショルダーバッグ  10名
 ・マイクロSD式USBメモリ  20名
 ・マグカップ  20名
 抽選賞品

 下の写真は、クイズラリー当日にお渡しした参加賞ののっティ・クリスタルストラップです。
 のっティ・クリスタルストラップ

 なお、賞品、参加賞の受け渡しについては、該当者にハガキまたはメールなどでご案内しています。情報交流館カメリアで12月25日までにお受け取りください。

幻(まぼろし)のミニコミ紙「第7号」のご紹介

土曜日, 12月 1st, 2007

 11月3日(土)・4日(日)の2日間に渡って、のっティを利用して町内を探訪する「のっティde町内探訪クイズラリー」が開催され、町内外から64名が参加しました。
 イベントの模様については、「ののいちタウン情報局」に掲載していますのでこちらをご覧ください。

 ここでは、イベント参加者に限定して発行した幻のミニコミ紙「のっティ新聞 第7号」のご紹介をします。

(クリックで拡大)
 表・裏表紙

(クリックで拡大)
 中面記事

 『”のっティ”を愛するすべての人が「のっティ応援団」!!』という気持ちと感謝を込めて、参加グループごとに”記念紙”として発行しました。
 この”記念紙”を希望するグループは、情報交流館カメリア内で写真撮影した後、役場前からのっティに乗ってクイズラリーに出発。約2時間の町内探訪を終え、カメリアに戻ってくると印刷が出来上がっているというものです。

 また、この号を最後にカメリア・パルの会発行のミニコミ紙「のっティ新聞」は、C5計画実行委員会が発行するフリーペーパー版「のっティ新聞 拡大版」に名称と主旨が引き継がれました。そして、発行部数も、これまではのっティの車内や公民館、児童館、郵便局などに少量配置(500~1000部)していましたが、野々市町内の全戸へ配布され約19,500部(施設などの配置を含めると22,000部)の発行となりました。

 では、なぜ「幻(まぼろし)」なのか?上に書きましたように「のっティ新聞」は、拡大版創刊号として「第7号」から発刊されます。
 そして、このミニコミ紙第7号は「のっティde町内探訪クイズラリー」に参加した方だけに特別に編集した限定版のため、一般の方は手に取ることがありません。それゆえ「まぼろし」となったのです。

 ミニコミ紙「のっティ新聞」幻の第7号 PDF版は、こちらからご覧ください。(1.2Mbyte)
 

「のっティ新聞」が全戸配布に拡大!!

土曜日, 12月 1st, 2007

 のっティ車内や公民館、児童館、郵便局などのごく限られた場所に500部から1000部を配置してきたミニコミ紙「のっティ新聞」は、[url=http://www.e-camellia.jp/modules/tinyd0/?id=17]C5計画実行委員会[/url]にその名称と主旨を引き継ぎ ~5万人市制を応援する情報紙~「のっティ新聞」として生まれ変わりました。

 12月1日(土)、拡大版創刊号第7号として各町内会の協力を得て、野々市町全戸を対象に約19,500部配布されました。
 手元に届きましたらぜひご覧ください。

   

 これまでささやかに「のっティ」の応援と「ののいちタウン情報局」の周知を目的に発行してきたミニコミ紙は、野々市の5万人市制を応援するという大きな目的に拡大し、これからも季刊発行を目指して頑張っていきます。

のっティのいいところを伝えよう

月曜日, 11月 19th, 2007

 御園小学校3年生の総合的な学習では、「のっティ」をテーマにして色々と調査を行ったところ、「のっティ応援隊」というホームページができるほど「のっティ」がいろんな人から愛されていることも知りました。

 11月16日(金)午前中の学習発表会では、「のっティのいいところをみんなに伝えよう」ということで、クラス毎に「のっティはどうしてできたのか」とか、「のっティの名前の秘密は」とか、「のっティの車体の秘密」などテーマを振り分け、劇仕立てにしたり、クイズ形式にしたり、ラップ調のリズムに乗せて伝えたりと、様々な表現方法で楽しく発表しました。

 

 最後に「グリーングリーン」の曲を替え歌にした「ラララ・のっティ」という曲を全員で元気に合唱して発表を終えました。この歌がなかなかいいできで、周りからも好評を博しているので、密かにのっティのテーマソングにしてほしいなと思ったりしています(笑) 。

 

 なお、のっティ応援隊隊長にメールで発表会への参加をお願いしましたが、仕事の都合で出席できない旨のメールを頂きました。このことを子どもたちに伝えると、子どもたちはそれだけで大喜びしていました。また、「今日の様子がホームページに乗るかも…」と言っただけで、俄然やる気を倍増させていました。

 

*********************

 この話題は、のっティ応援隊隊長の依頼を受けて、御園小学校3年担任の堀洋誌先生からのっティ応援隊隊長宛のメール情報を編集して掲載しました。

クイズで町内の歴史文化にふれあいました

日曜日, 11月 4th, 2007

11月3日(土)、4日(日)の両日にわたって「のっティde町内探訪クイズラリー」が開催された。
 このイベントは、町情報文化振興財団、町連合町内会などで構成するC5計画実行委員会の第1弾イベントとして開催されたもので、天候に恵まれ、町民だけでなく金沢市や白山市から両日で64名が参加した。

 

 このクイズラリーでは、のっティ中央ルート(赤のっティ)のバス停や中央公民館、本町児童館などに設置されたQRコード(2次元バーコード)を携帯電話で読み取ることで、インターネットの携帯サイトから町の歴史や文化に関するクイズが出題される。

 参加者たちは、工大前駅からフォルテまでの区間を歩き、8つのポイントで出題されたクイズ問題に挑戦していた。クイズは四者択一の答えから選ぶものであるが、携帯サイトの情報を熟読するか、実際に目で見ることですぐに答えがわかるようになっている。

 

 しかし、先を急いだり、勘違いしたり、またポイントを飛ばしたりで、なかなかスムーズに進まなかったグループもいたが、金沢市から参加した女性3人は「知らなかったことが沢山あって、楽しかった。」と感想を述べていた。

 クイズラリーの取材同行した「えふえむ・エヌ・ワン」のスタッフからも「みなさんとっても楽しそうで、子供たちも興味深く廻っていましたよ。」と報告をいただいた。
 このえふえむ・エヌ・ワンの取材模様は、11月5日(月)の午前及び午後の「マイタウンののいち」で紹介される予定になっているので、参加者の声をぜひ聞いてほしい。

 また、同じくえふえむ・エヌ・ワンで平日午後7時から2時間放送されている「KITキャンパス・ウェーブ」、木曜担当の「ずっこけタイム」のパーソナリティ3名が、実際にクイズラリーに参加しながら録音取材を行っていた。この模様は11月8日(木)に放送される予定である。

 なお、C5計画実行委員会事務局では、「将来的にQRコードをバス停などに常設すれば、観光情報やクイズ問題などを簡単に変更や追加ができるため、臨機応変に町の情報発信ができる。」とイベントの企画にあたっての狙いを説明した。

 関連の写真はこちら

Web版 第6号 遅ればせながら・・・

土曜日, 10月 13th, 2007

 「のっティ新聞」第6号は、紙面はすでに10月1日に発行され、のっティ車内など第5号と同様に町内に配置しております。
 Web版の掲載が遅れて大変ご迷惑をおかけいたしました。

 ミニコミ紙の「のっティ新聞」は、少量限定1,000部の発行で、のっティの車内及び情報交流館カメリア、文化会館フォルテ、公民館、児童館、郵便局などに配置しています。

 ミニコミ紙にご興味のある方!!一緒に創っていきませんか。ご連絡をお待ちしています。(情報交流館カメリア内 カメリア・パルの会事務局 227-6200)

(クリックで拡大)
表・裏表紙

(クリックで拡大)
中面記事

「のっティ新聞」第6号のPDF版は、こちらからご覧ください(2.88Mbyte)

元祖・のっティ応援隊長 岡田博久(おかだひろひさ)さん

土曜日, 10月 13th, 2007

「”のっティ”が走る野々市町の町並みが一番のお気に入り」

応援団ロゴ

岡田博久さん 

 今回ののっティ応援団は、カメリア・パルの会「のっティ・プロジェクト」開設当時からの参加メンバーで、のっティをこよなく愛し、その名も「のっティ応援隊」というホームページ(HP)を運営している岡田博久さんです。

 岡田さんは、当初のっティには大して興味がなかったのですが、パソコンやバス・鉄道好きで何かのHPを開設しようと考えたとき、のっティの南ルート開設(平成16年12月1日)に合わせて非公式ファンサイト「のっティ応援隊」を開設することにしました。

 そして、「のっティ応援隊」を開設したことでのっティに関わるようになり、のっティの魅力に徐々に取り込まれていきました。HPを作ってからはコミュニティーバスに興味を持ち、全国を回りコミュニティーバスに乗車しましたが、やはり1番はのっティですと述べています。

 毎回、のっティ新聞の表紙を飾る写真は岡田さんが撮影したもので、仕事終わりの日曜日などに撮影しています。写真は事前に車でのっティの運行ルートを周り、撮影ポイントを確かめておきます。当日ののっティの運行時刻は把握しているため、通過前に準備しておき写真を撮ります。
 しかし、走っているのっティを撮るのは難しく、すぐに人や車が入ってしまい失敗することもよくあるそうで、失敗した場合は後日再び同じ場所に写真を撮りに行くことも。

 のっティの写真を撮っていたことで運転手さんとの面識ができた、それをきっかけに今では運転手さん全員と仲良くなっています。

 今ではすっかりのっティが大好きの岡田さんにのっティのどのようなところが好きか尋ねたところ、「のっティにはお客さんと運転手さんの世間話のなど路線バスにない雰囲気があり、季節ごとに変わる野々市の景色が車窓から見ることができ楽しいところです。」と述べていました。

 そんな岡田さんは「のっティを数日見ないと寂しい気持ちになる」とのこと。今年はのっティ応援隊としてのっティプロジェクトと共同でのっティが末永く運行できるように応援したいと述べていました。