Archive for 3月, 2006

少量限定 ミニコミ紙「のっティ新聞」

月曜日, 3月 20th, 2006

カメリア・パルの会(事務局・情報交流館カメリア内)では、ののいち地域ポータルサイトのPRとのっティの利用促進を目的として、超ミニ版のコミュニティ情報紙「のっティ新聞」を創刊した。

 のっティ新聞は、A5版4ページ、少量500部の限定発行で、のっティ車内で配布する。

 3月9日(月)の朝、役場のバス停前では中央ルート、南部ルート、フォルテ前では北部ルートのそれぞれののっティに配備された。
 その他では、情報交流館カメリアと文化会館フォルテに配備している。

 創刊号では、季節情報としてお花見シーズンにあわせた「のっティでいく桜の名所」を紹介していおり、カメリア・パルの会では、4月9日(日)実際にのっティに乗って桜ウォーキングを行うことにしている。朝9時30分から午後4時を予定しており、途中3回ののっティ乗車と徒歩を組み合わせ、約7.5km(全工程約15km)をウォーキングする。

 ウォーキングでは、各自デジカメを持参し、思いの桜ショットを撮影。カメリアに戻って、ポータルサイトのデジカメ・アルバムにベストショットを投稿することにしている。

 また、のっティ新聞裏面には、ぬり絵のコーナーを設けており、子供たちの応募を待っている。回収BOXは、カメリアとフォルテに配備。応募作品は、ポータルサイトで紹介することにしている。

 

「のっティ新聞」創刊号

月曜日, 3月 20th, 2006

 3月20日(月)、 「のっティ新聞」を創刊しました。現時点ではまだ不定期発行ですが、定期化に向けて頑張っていきたいと思います。「のっティ」新聞は、ミニコミ紙とインターネットで提供していきます。
 ミニコミ紙の「のっティ新聞」は、少量限定500部の発行で、のっティの車内及び情報交流館カメリア、文化会館フォルテに配置しています。記念にどうぞ!!

 インターネット版の「のっティ新聞」は、限られた紙面に記載できない情報も掲載していきます。「記事の話題」「登場人物」をご覧ください。

 ミニコミ紙にご興味のある方!!一緒に創っていきませんか。ご連絡をお待ちしています。(情報交流館カメリア内 カメリア・パルの会事務局 227-6200)

 では記念すべき第1号です。(A4版 中折り4ページでご覧ください)

(クリックで拡大)
表表紙、裏表紙

(クリックで拡大)
中面記事

「のっティ新聞」創刊号のPDF版は、こちらからご覧ください
PDF版では、ご自分で印刷もできます。

のっティの名付け親 西野康子さん(清金3丁目)

日曜日, 3月 19th, 2006

西野康子さん
 「のっティ」の名付け親となった西野康子さん(清金3丁目)。
 『当時、町内会の班長をしており、広報を配布する時に愛称募集の記事を見て「ののいち」と「コミュニティバス」からすぐに「のってぃ」が思い浮かんだ』とか。

 西野さんは、『全部平仮名だとお年寄りが「てぃ」を「てい」と読むだろうし、全部カタカナだと堅苦しくなると思い「のっティ」と平仮名とカタカナを組み合わせるとかわいい感じになりました。
 応募のはがきには「乗ってください」という思いをコメントに書いたのですが、町の方で「乗っていいバス」といういい解説をしていただきました。』とおっしゃっています。

 西野さんご自身は、撚糸業を家業としており、小松市の工場まで毎日20kmを自家用車で通勤しているため、めったにのっティに乗ることはないのですが、ルート開通当初はお孫さんと一緒にのっティに乗ってよく町内を巡回されたそうです。

 84歳のお母さんは、金沢市横川町の親戚まで行くのに良くのっティを使っており、北鉄バスで行くと時間がかかるのですが、のっティだと便利に短時間でいけると好評とか。
 下林にいるお孫(現小学2年生)さんも、最近は一人でのっティで遊びに来られるそうですが、初めての時は大変心配で運転手さんに充分お願いして乗せていただいたそうです。

 最後に、『町のすみずみまで見ているのっティの運転手さんに、見慣れない車などをメモしてもらうような役割を担っていただけないでしょうか』などとご提言もいただきました。

のっティで行く 桜の名所

土曜日, 3月 18th, 2006

 創刊号の「季節の特集シリーズ」では、野々市町の「桜の名所」を取り上げました。
 ミニコミ紙では、9箇所の桜の名所を取り上げましたが、まだまだ沢山あると思います。
 サイトでは、もう少し追加しました。
 のっティのだんごやさんサイト版の「桜の名所」はこちらをご覧ください。

 皆さんのお勧めの桜ポイントがありましたら、教えてください。

”ワンコ”と一緒にパトロールしませんか?

土曜日, 3月 18th, 2006

わんこチーム
 この度、野々市町の不審者パトロールのグループが新しく誕生しました!

 戌年の主役、ワンコのお散歩時間を小中学生の登下校時間に合わせませんか?という取り組みです。愛犬家の皆様!! 子供たちを守るため、是非この取り組みにご参加ください。

のっティ・パトロール わんこチーム にご賛同される方は、野々市交番(248-0059)までご連絡ください。

 
 ポータルの縁から始まった、わんこチームの結成に向けて準備中です。

 こちらの記事を参照してください。

のっティの「ぬり絵」応募してね!

土曜日, 3月 18th, 2006

ぬり絵のロゴで~す
 のっティに好きな色をつけよう!また、君が考えたのっティの絵も募集しているよ♪
 完成した作品を応募箱へ投函すると、君の作品がインターネットの『ののいち地域ポータル実験サイト』に登場するかも・・・?!

☆ぬり絵の応募箱はカメリアとフォルテにあります。 停車中にのっティの運転手さんに渡してもいいです。

 4月末までに応募してください。

 のっティの入学←絵をクリックすると大きな画像が表示されます。A4版横で印刷してね。

サンバ調「のっティのうた」で卒業生を送る

水曜日, 3月 1st, 2006

石川県立養護学校では、卒業式を間近に控えた3月1日(水)午前中、中学部6名、高等部12名の仲間を励ます「卒業生を送る会」を開催した。今年は小学部からの卒業生はいなかったが、小学部、中学部、高等部とそれぞれみんなで工夫した出し物で卒業を祝った。

 高等部2年生の出し物では、高山翔太くんが作詞した「のっティのうた」をサンバ調のオリジナル曲に乗せて合唱した。出演者たちは、着飾った衣装を付けて、会場の卒業生や父母たちの拍手に合わせ元気に歌い踊った。

 

のっティのうた(1題のみ 48秒)はここからどうぞ
のっティのうた(全曲 3分31秒)はここからどうぞ(注意:ファイル容量大/ブロードバンド回線での使用を推奨)

 
 「思い出のアルバム」では、卒業生ひとりひとりの写真をスクリーンに映し出しながら、在校生がナレーションでエピソードを紹介。小さい時の写真からの思い出一杯の写真に会場から笑い声と拍手が絶えなかった。

 卒業生代表からは、「今日はとっても楽しかったです。修学旅行や現場実習など沢山の思い出ができました。僕達は卒業しますが、これからも力を合わせて頑張ってください」とお礼。
 また、卒業記念として3台の壁掛け時計の寄贈を受けた野畠校長先生からは、「毎日時計は時間を刻んで、いろんな思い出を作ってくれます。時計の針のように一歩一歩時間を大事にして生活していきましょう」との言葉があり、拍手で卒業生を送り出した。

 なお、今回のオリジナル曲は、町の音楽家今村邦明さんがブルース調に作曲し寄贈したものだが、「伴奏者の演出で様々なパターンがあり、何でもOK。楽しんでもらっている様で喜んでいます」とのコメントがあった。
 
 また、この卒業生を送る会の模様は、野々市町のコミュニティFM放送えふえむ・エヌ・ワンで3月3日(金)午後4時から「マイタウンののいち」で放送を予定している。

 以前に紹介した「のっティのうた」(ドレミのうたバージョン)の記事はこちらからどうぞ